楽天銀行カードローンの申し込みから審査結果の発表まで

本人確認の電話は必ず受けましょう

 

審査が比較的通りやすく、100万円までの限度額なら収入証明がいらない手軽さが人気の楽天カードローンは、どのようにして審査が進められるのでしょうか。

 

その前にカードローンの申し込みにはいくつかの条件があります。

 

それは日本国内に居住していること、年齢満20歳以上60歳以下であること、なんらかの職種に就いていて税込みで年収300万円以上の定期収入があること、などが挙げられます。

 

楽天銀行カードローンで審査の申し込みをすると、楽天銀行カードローンの基準に従って仮審査が行われます。

 

その際には仮審査に必要な書類を提出しますが、まれに足りない書類の提出を求められることもありますので、必要書類の確認をしっかりとしておきます。

 

必要な書類が揃った段階ですぐに仮審査に移ります。

 

審査結果の発表の前に、楽天銀行カードローンの担当者から本人確認の電話が入ります。

 

これはただ本人かどうかの口頭による確認だけで、それ以外の余計な質問事項はありませんが、大切な手順の一つなので必ず受けるようにしましょう。

 

審査のシュミレーションのすすめ

 

楽天銀行カードローンの仮審査の結果は、審査に通っても落ちてもメールで知らせてきます。

 

審査の結果は早ければ当日中にわかるようになっています。

 

審査が通りやすいとはいえ、場合によっては落ちることもありますので、「くらべる君」などで審査のシュミレーションをしておくと、結果に対する予測がつきます。

 

また審査落ちは他社での申し込みにも影響する場合もありますので、シュミレーションは事前にしっかりとやっておくといいでしょう。

 

仮審査が通れば本審査のための本人確認用書類の提出が必要になりますので、仮審査の結果を知らせるメールが届くまでに書類の用意をしながら待ちましょう。

 

以上が申し込みから審査結果の発表までの流れです。

 

このように、申し込みのしやすさと審査結果の発表の早さが楽天カードローンの大きな魅力です。