審査落ちした時は原因の自己分析が重要!楽天銀行カードローン

気軽に申し込める要素満載の楽天銀行カードローンですが、原則として融資限度額が100万円までであれば収入証明書の提出が不要という点も大変魅力的です。その上審査完了までのスピードも最短なら申し込み即日ですし、アルバイトやパート勤務の方、自営業の方などでも、安定的な収入のある方ならばどなたでも申し込めます。

 

しかし、税込み年収300万円以上の方を対象としていますので、この基準を満たせない方は審査には合格できないと思っておいたほうが良さそうです。裏返して言えば、基準を満たしている方ならば金利の低さでは業界トップクラスの楽天銀行カードローンに、申し込みだけでもしてみる価値はあるということです。

 

また残念ながら審査落ちの案内が届いたという方は、その理由についてじっくり考えてみましょう。審査落ちの理由について問い合わせても、楽天銀行側が教えてくれることはありません。書類提出の際に不備がなかったかどうか、また収入面でなんらかの問題がなかったかなど、あくまでも推測の域ではあるものの、分析してみて下さい。

 

そして、いくら審査落ちして残念だからといって、期間を空けずに他社のカードローンを申し込むことだけは避けて下さい。一度審査落ちすれば再度楽天銀行に申し込みするにしても最低半年は期間をおく必要がありますし、それはこの期間、信用情報機関に申し込みの履歴が残るからなのです。他社のカードローンであってもこの申し込み履歴を確認しますし、同じ期間にいくつものカードローンに申し込んでいることが分かればよほど経済状況が悪いのかと不審がられ、不利に働きます。

 

審査落ちの原因を自分で突き止めるために

 

楽天銀行カードローンの申し込みで審査落ちした際は、自分でその理由について分析し、突き止めようとすることが重要ですが、ぜひその分析に活用して頂きたいのが審査シミュレーションができる「くらべる君」といったサイトです。

 

こういったサイトでは必要事項を入力すると楽天銀行カードローン始め、様々なカードローンの最新の審査基準に照らし合わせながら実際の審査に合格できるかどうかシミュレートできます。そして、一体なぜ楽天銀行カードローンの審査に落ちたのかも突き止めることができるはずです。

 

できるだけ審査落ちとなることを避けるために、申し込み前に「くらべる君」などを活用することも当然有効です。ぜひ活用なさって下さい。