申し込みはインターネットから気軽に行えますが、電話確認は必ず実行される楽天銀行のカードローン

電話確認が出来ないと審査を通るのは難しい?

 

インターネットが普及し、今やカードローンの申し込みもインターネットから出来る便利な時代となりました。

 

その中でも楽天銀行は、インターネットショッピングサイトの日本最王手の楽天市場を有する楽天グループの一員であり、中でもカードローンにおいては、通常のカードローン会社には規制されている総量規制の対象外となる事から、大型の融資金額が希望出来るとして注目されています。

 

また、楽天銀行のカードローンは、楽天銀行の口座を持っていなくても融資が受けられますし、ポイントが貯まればそれを楽天市場で使えるといった独自のサービスも行っているので、利用者にとってもメリットの多いものとなっています。

 

融資限度額が500万円と高いだけではなく、金利も他のカードローン会社と比較して低めに設定してあることから返済計画も立てやすいと言えるでしょう。

 

さらに返済方法も口座振替の他、提携しているATMやインターネットバンキングからの振り込みも可能なので、使い勝手に合わせて選べるのもよいです。

 

このように、とにかく利用者にとってありがたいサービスや対応の細やかさが魅力なのですが、時代の先端を行く楽天銀行でも避けられない事があります。それは、審査時の電話での在籍確認です。

 

カードローン会社の中には、勤務している会社の名前が入った給料明細や保険証などを提出する事で、在籍確認としているところもあるのですが、楽天銀行のカードローンの場合は、審査での在籍確認と、審査が終了した後の本人確認の電話連絡が必須条件となっています。

 

この電話が繋がらない、受けられないなどが起こった時は、審査は通らないと考えて間違いないでしょう。

 

カードローン会社だと名乗らないのでご安心を

 

楽天銀行のカードローンの審査では、必ず電話での確認が必須です。

 

しかし、会社に在籍確認の電話をされるのは困るという方も中にはいらっしゃるかと思います。理由は様々あると思いますが、カードローンを利用したい時に、このような問題が起こると精神的に辛いと思います。

 

ですが、その心配はご無用です。楽天銀行のカードローンの在籍確認の電話は、個人名で行います。
〇〇と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」と言った具合で掛けるので、会社の方が楽天銀行のカードローンの件で電話が来ているとは決して思いません。